読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

超簡単!ギター講座!マーガレット編

昨日とある方から「マーガレット弾きたいから教えて!」と言われたのでこっちで簡単に。

まずは歌詞!

 

A

朱色の輪郭で突き刺さった

部屋の片隅 白い花

あの時はいつまで 続いてたんだろう

鍵付きのこの場所で 続いてたんだろう

飲みすぎた 言葉と その距離が

近づいて 離れて また離れた

あの時はいつまで 続いてたんだろう

鍵付きのこの場所で続いてたんだろう


サビ

投げ捨てた態度が目に浮かぶ

俺の心だけ 心だけ

離れる背中に手を振った

気持ちは煙に吐き出して


A

背中に転がった 羞恥心と

嫌いな言葉を吐き散らした

その時はいつまで 残っているのだろう

鍵付きのこの場所で 残っていたんだろう

サビ

言葉の紐はたやすく切れた

ふとした瞬間のその脆さ

言葉はとうに離れたのに

傷跡隠して 隠して

Cメロ的な

朱色の輪郭で突き刺さった

部屋の片隅 白い花

あの時はいつまで 続いてたんだろう

鍵付きのこの場所で 残っているんだろう

サビ

背中に張り付いたマーガレット

振り向かない 振り向かない 振り向けない?

容易い言葉で治せるなら

そのときを待っている。その時を

飲みすぎた 言葉と その距離が
   

近づいて 離れて 離れた

気持ちは 気持ちは 気持ちは

その言葉 煙に吐き出して

 

 

まずイントロのとCメロ的な部分のアルペジオ

FM9

f:id:mitsurutatsuyoshi:20131022111845j:plain

AmonE

f:id:mitsurutatsuyoshi:20131022111906j:plain

AmonD

f:id:mitsurutatsuyoshi:20131022112026j:plain

C

f:id:mitsurutatsuyoshi:20131022111942j:plain

写真の容量でかすぎねえかなという不安はさておいて

イントロのアルペジオは4弦2弦3弦1弦の順番で弦を鳴らしていきます

Cだけ5弦2弦3弦1弦の順番でやってます

アルペジオの基礎練フレーズにはもってこいだね!めっちゃ簡単だし!

一音一音鳴らし続けるってことじゃないですかね

難しいのはここだけですね。歌いながらこれ弾くのは更に難しいです。

弾き語りの際は此処を重点的に練習するのが良いかと

 

AメロはC E AmとF E Am Cのコードストローク

サビはF E Am Cのコードストローク

間奏とイントロはサビと一緒のコード進行です。

Fはバレーコードで弾くのが難しいのでそこは頑張って!あなたの肌!(cv真矢みき)

 

この曲はシンプルなエイトビートで続いていくのでミッシェルガンエレファントを心の中に感じながら弾くと気分はチバユウスケ(だと思う)

 

だいぶ雑に紹介するとこんな感じです。

質問があり次第またこのコーナーをやっていこうかな。

http://youtu.be/deeZHnp1ubY←今回取り上げたマーガレットはこの動画の17:00あたりから始まりますので参考程度にどうぞ

 

ではまたね!