読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

夏の名残

白と青が混ざりあった砂浜
陽炎はまだ僕を追い越しはしない

君と僕は何か大分違っていたな
忘れてしまった事は両手で数えられるかな

カモメも知らない顔になっていた
引き返した波の音が何を奪ったんだ

こんな感じの日曜日だった
ギターの音が隣で聞こえてた
こんな感じの夏休みだった
踵を返して鼻唄をなぞっていた

記憶なんか曖昧で鶏みたいだ
向日葵の匂いと夏のある日

僕をまた笑うのか
暑さで頭が茹だっていく
君はまた笑うのさ
季節がまた

こんな感じの日曜日だった
砂と海を聞きながら
こんな感じの夏休みだった
僕だけが年を取った

夏の名残はもうそこまで
君と僕を離していく
夏の日差しがもうそこまで
あの情熱を溶かしていく

もうそこまで

陽炎はもうここまで