読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

グルグル

廻る、廻る、世界は廻る。僕らを置き去りにして

廻る、廻る、又、廻る。あの日の君も連れて

 

降り出した雨に打たれて、体を寄せ合っていたな

あの時君は何であんなに悲しそうだったんだい?

きっと僕らは汚れてしまったし、あの日にはもう帰れない

錆び付いたこの手も赤色に染まっていた

 

寂しがり屋の雲は笑って、僕等を只、見下していた

 

廻る、廻る、世界は廻る。ボクらを突き放していく

笑う、笑う、君はまた笑った。少しだけダラリとしながら

 

晴れ渡ったあの青い空も、幸せそうに泣いた顔も

忘れないけど、あの人の顔が少しも思い出せない

 

少し休みを取った。

誰に逢う為でもなく

少し足音を振り返った。

君がいるわけでもなく

 

廻る、廻る、世界は廻る。僕らを置き去りにして

廻る、廻る、又、廻る。あの日の君も連れて

 

笑って、泣いて、少しだけ傷ついて。流れ星が二人を眺めて

笑う、笑う、いま一人で笑う。ニヤケてグルグル廻って

 

廻る、廻る

君を連れて

廻る、廻る

僕を置いて