読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

白いラプソディー

ラプソディーが町に流れる頃にはもう

汗を流してあの橋を渡ろうともしないさ

眼の色を赤く染めて息を吸って吐いていた

無償で愛が買えるとか嘘はよしてよ

充分な距離を保ちたかった

ロウソクが垂れるギリギリまでは

鵜呑みしたくはないのさ。昨日の話も

橙の雲や空が街の上を通り過ぎる時に

いつか巡った季節が顔を出す

ストライプが頬をかすめるように

君を思い出すんだろう

出来損ないの人になってる頃にはもう

吸わないタバコの匂いがするんだろうなって

自画自賛をするのはもうやめたいよな

路地裏にひっそりと隠れていた事

後ろを振り返ることに慣れたけど

大体の事や思い出が鼻の奥を叩くように

いつか巡った季節が連れ出して

好きな歌と懐かしい事

きっと忘れるけれど

橙の雲や空が街の上を通り過ぎる時に

いつか巡った季節が顔を出す

ストライプが頬をかすめるように

君を思い出すんだろう

思い出すんだろう

思い出すんだろう

もし、手紙が届いたら読んでおくれ

りんごの香りがした頃に

出来るなら、出来るなら。出来るなら