読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

眠る電波塔

明日の天気を気にしていたって

何も進まないし、何も始まらない

夜風はぬるくて冷めたコーヒーと

七つの星に火を付け直す

傷だけ増えてもそれでも歩ける

背中を押していた懐かしい歌

きっと世界は平等で辛辣だ

何食わぬ顔で君が指をさす

バイバイ

きっといつかはこんな日が来るってこと

分かってたよ。分かってたよ。

知らぬ間に変わる街

ああ、それでも

連れて行っておくれよ。変わらない場所へ

言葉の裏を気にしてこんがらがって

何もわからなかったよ、なんなんだよ

笑う丘の上思い返してる

孤児の蜜蜂は夕陽の街を目指していく

バイバイ

いつかはこんな日が来るってこと

思わなくて、思わなくて

呆然としていたよ

知らぬ間に増えていた

嗚呼、この街の思い出を抱きしめている

バイバイ

きっといつかはこんな日が来るってこと

分かってたよ。分かってたよ。

知らぬ間に変わる街

ああ、それでも

連れて行っておくれよ。変わらない場所へ

電波塔は眠る

君の好きな歌を僕に送るように

電波塔は眠る

僕の好きな歌を君に送るように

電波塔は眠る