読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

レッドライン

「繋いだ言葉を手繰り寄せて」

誰かが手を引く

「次のドアを潜り抜けて」

続いてくこのまま

 

次の朝も変わらずに僕らは待つだろう?

言葉に詰まる前にあの日見た場所へ

動け

 

いつかはあの日泣いた事を笑える日が来ると

君は少し涼しいこの風の流れに身を任せて

ゆっくりと繋がれた

見えない糸を引く

 

「忘れたのかい?少しは楽になったのかい?」

 ここからはこの腕で描けますように

 

戻れたらこの日々を君に話すから

 ありのまま

 

千切れそうでも前を向く足

恐れる事もあるさ

僕らいつか描いた未来には

すぐ裏切られるけれど

いつの日か掴めるさ

このまま このまま 振り返らずに

 

いつかはあの日泣いた事を笑える日が来ると

君は少し涼しいこの風の流れに身を任せて

 

僕はあの日のあの場所にいる

さぁ、涙は乾いた

いつの日か帰るから

君はさ、ただ振り返らずに