読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

目眩

僕に太陽は眩しすぎたから

掴もうとした手が爛れていった

この窓辺から見えるのは

星やビルの灯りじゃない

 

包まれていくのを感じていた

燃えている明かり ペンを握る

この部屋の隅ではもうきっと

赤目の言葉が響いているくらい

 

素直になれれば

もう一度歩けるのに

心が灯せるなら

もう一度行けるのに

 

暗がりの向こうで手を振った

薄明かり もうここで終わり

桟橋を渡る人の願い事はきっと

恵まれてしまう事じゃない

 

心が灯せるなら

もう一度歩けるのに

心が鮮やかなら

飾らなくてもいいのに

 

素直になれれば
もう一度歩けるのに
心が灯せるなら
もう一度行けるのに