読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

死に損ないの太陽

肩を叩かれてその方角へ歩いていく

思い出すことをやめているんだ。

一人になれば思い出すから

今はまだ聞きたくない

 

取り繕った笑顔で生きていける

それだけでもういいんだろ

掠れていく言葉とアイロニー

いずれは忘れるから

 

煙を纏って空は埋まる

排気ガスやビルの残りカス

展望台から見た景色は

くたびれ果てる太陽

 

手紙ばかりが増えて言ったんだ。

言葉だけ置き去りにしていって

聞いておいて欲しかった事は

もう書く気にもなれない

 

今日の風は少し生温い

あの頃心と塞ぎ込んだドア

ノックをして出てきてほしいんだ

今なら連れ出せるから

 

陽が差し込む前に行こうぜ

今がどうとかそうじゃなくて

ただ、歩いてきてほしいだけなんだ

この場所まで歩けるように