読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

不眠症

目を覚ます

深い深い眠りから

煙草の煙は

僕の街を描いてく

 

彗星は遠く離れながら

手を振っていく

あの場所へ向かうだろう

燃え尽きながら

 

晴れ渡る空がもし、誰かの心を表すなら

叩き割る様な雷鳴が、もし君の声なら

すべてに疲れて倒れ込んで

笑ってしまうだろ

 

投げられた

賽の目と窓に映る破片

もうこのまま

眠りにつかせてくれよ

 

晴れ渡る空が、もし誰かの心を表すなら

君の悲しみがもし、雷鳴を呼ぶのならば

それはそれで疲れてしまって

笑い疲れるだろ

 

疲れたんだ。このままでいいと思ってた

誰かに笑われていくのも慣れると思ってた

ただ、もう少し寝かせておくれ

 

おやすみという声が、もし君であったなら

僕の悲しみがもし、疲れていくのなら

それだけで良いよ、それだけで良い。

今はめぐり辿る次の日を

待っている