読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

トワイライト・スパークル

鬣を靡かせる

色彩と開ける街角を見上げて

荷馬車はまた走るだろ

僕の夢の続きを乗せて

目指してる方角と

地図を読んで次の朝を抜ける支度を整える

会えない夜が増えてって

風よりもまた冷えていくなら

この足を差し出すだけだろ

 

目の前の風景がまた霞んだりするけど

 

刻んでいった足跡や夢を見せた幻が

いつか、君の元へ届くから

吸っては吐いた言葉と揺れていった鬣は

ああ、僕の背中をそっと撫でていた

 

走り抜ける虹はまた

僕等に言葉を投げかけて、その色に水を足す

林檎のなる木の少女が

何も言わないで残していった

この街と静かな喧騒

 

いつか、笑えるだろう。

 

刻んでいった足跡や夢を見せた幻が

いつか、君の元へ届くから

吸っては吐いた言葉と揺れていった鬣は

ああ、僕の背中をそっと撫でていた

 

サンキュートワイライト

夢にまで見た景色が

サンキュートワイライト

いつか君の目に止まりますように