日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

父を捨てた。

数年前の事だ。父と母を捨てた。

父は母の再婚相手だし、血は繋がってなかった。

それでも、僕にとって父だった。

そして、その父と母を二年ちょい前に捨てた。

他の人に言わせれば些細なことだと思う。

ただ、不幸自慢はするつもりはないから説明とかは省く。

その数年堪えてたものが弾け飛んだ爆発を起こした。

そして、府中から今まで住んでた岩槻に戻ってきた。

岩槻には前から一緒に住んでた祖母と僕の叔父がいる。

岩槻に戻ると泣きながら叔父に電話をかけた。

叔父は「何も言うな。戻ってこい。」

そう言ってくれた。

涙が止まらなかった。自分勝手に岩槻を飛び出しても、それでも尚、僕を受け入れてくれるその心に深く感謝するしかなかった。

岩槻の自宅に戻り祖母にあった時に「おかえり。ご飯食べな」

いつもそこに居たみたいに、本当に当たり前のように受け入れてくれた。

その日食べた変わらない食卓は少し塩水が強く、気が付いたら視界が水で濁って勝手に水が溢れた。

畜生。畜生。うめぇよ畜生。

ひたすら食べた

優しさとはこういう事なのかもな。

 

俺にとって、叔父が兄貴であり親父だった

俺にとって、祖母が母であった。

俺が最初から欲しかったものはずっとここにいてくれたんだ。

頭が下がらない。

俺みたいな馬鹿野郎を受け入れてくれるその心に。

俺みたいな馬鹿野郎をいつものように受け入れてくれたその心に

俺は頭を下げるしかできねぇ。

 

深く書く気は無い。

ただ、振り出しに戻ったのなら

 

また、手に入れるだけだし、大事だったものに素直であろう。

 

そう思う。

 

今日は父の日だ

 

兄貴とお袋にケーキと酒を買って帰ろう

広告を非表示にする