日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

痺れ

干からびたアスファルトに乗っかって

明日を見ようとして空を睨んでいた

君に足りないものがないように

僕に足りないものがあるように

 

燃え尽きることもなく日々は過ぎて

失っていった言葉や音を探すのか

鳴り響く警笛の音は

誰かの後ろで聞こえてる

 

変わる事や変わらない事

いつもこうして置き去りになる

 

間の抜けた歌が聞こえたり聞こえなかったり

いつか話す事が昨日よりも増えていますように

朝や鳥や僕を通り越して夜はいつか顔を出す

 

冷たく響くんだろう

そのまま歩いた靴の跡を見ながら

思い出していた

すり減った言葉や踵を

 

間の抜けた歌が聞こえたり聞こえなかったり

いっそ会わないまま夜が通り過ぎればいいのに

この想いや夢や明日をあざ笑って

夜はまた顔を出す

広告を非表示にする