読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

ブルース・ドライバー

くたびれ果てた雲達が

次の街へ行くから

僕は夕暮れに映る空を思い出してる

出かけていった足跡は

いつか帰ってくるから

朝に見てた幻にまた思いを馳せてる

 

吐き出した息はなんだか汽車の煙に似ている

いつか2人で笑ってたブルースの音がする

遠ざかって行く道の上で手を振っていたけど

いつか何処かでまた出逢えてしまうだろう

 

呟いている言葉で

もし傷を癒せたら

月が見えた事を数えなくてもいいだろ

この街で耳にする

ハーモニカの音は

どうでもいい言葉では伝えられないからさ

 

吐き出すような言葉は次の街へ行くのだろう

ブルースはどうやら東の街へ向かうと言ってた

言葉だけで表せる気持ちの数は知らないが

くたびれ果てた雲達は次の街へ行くのだろう