読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

蒼い鳥なんかいない

言葉は影となりを潜めて

背中の傷をえぐっていく

重い足を引きずっては

遠のく景色に恋い焦がれる

 

知らないふりをするのになれて

面倒になってくたびれる

そうやって駄々をこねることも

慣れてしまった吹き溜まりの果て

 

火を灯す。

寒さで凍える夜に

火を灯す。

昔聴いたロックンロールに

身を焦がして

 

港の街は潮の匂いがする

煌めく星を奪い去っていく

重い足を引きずっては

自らが付けた足枷に笑う

 

火を灯す。

潮彩の匂いとこの街に

火を灯す。

昔聴いたロックンロールに

身を焦がして

 

船を漕ぐ。

まだ誰かを待つのなら

舵を取る。

あの場所に心を震わして

身を焦がして