読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

アロマロースト

傷がついていった。

深いまま空洞の中

言葉よりも単純な事

太陽がまた僕等を追いかけている

 

奥の方で鳴り止まないビート

転がり続ける三階建ての幻が

夢の中で笑ってる

 

例えば君が傷ついて

笑うことしか出来なかったら

昨日見た夢や、さり気ない話とか

それでいいんじゃないのか

 

朝よりも速く汽車は町を抜けた

心の底で振り続けているから

見えなくなった君に

 

例えば君が傷ついて
泣くことも許されなくなったら
コーヒーの味や、公園の景色とか
それでいいんじゃないのか

 

苦い煙は街を走る

この場所からその場所へ

甘い匂いは街を走る

やがて来るあの場所へ