読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々と戯言とそこの片隅

鶴見義龍のしょうもない日常

リトルシガレット

冷たい風がどうやら僕らの街にやってくる
息を吐き出す前に煙が宙を舞う
ぶら下がる騒めきと朝日の眠る丘の上
月面に輝くブランコ 手を繋いでる2人

踵を鳴らして歩いてく
伸びていく影は街を覆っている
突き抜ける様な空の下で
鼻歌も溶け込んでく

小さな煙で笑って誤魔化した
触れ合う指先が心をノックする
ドーバーのような深い深い海から
小さな言葉で僕を笑ってて欲しいのさ

あの街の匂いがどうやら君の心を蝕んでる
この部屋に残るのは通り過ぎた悲しみ

慈しんで笑ってくれないか
外は通り雨が続いている
奪われてしまったよ。苦しみと擦り傷が

小さな煙で笑って誤魔化した
繋いだ言葉が心をノックする
ドーバーのような深い深い海から
小さな言葉で僕を笑ってて欲しいのさ

 

寂れた電車はあの街へ行くだろう
ベッドにくるまって君の頬をノックする
あの日のような鮮やかな景色と
小さな言葉で僕を笑ってて欲しいのさ

 

リトルシガレット